ミュゼ 銀座カラー

医療レーザー脱毛について

おでこ脱毛

医療レーザー脱毛について説明しておきます。

 

エステサロンでは受ける事が出来ないレーザー脱毛で、医療機関、クリニックや病院での施術方法になります。

 

効果の高さが一番のメリットなんで、VIO脱毛とか脇脱毛とか男性の髭脱毛とかに人気の医療機関の脱毛方法なんですよね。

 

私が紹介している湘南美容外科クリニックのレーザー脱毛は、ロングパスアレキサンドライトレーザーと言う名前です、 ちょっと長い名前なんですけどね。

 

どういったものに反応するかと言うと、黒い色に反応します。で、真っ黒だけじゃあなくて色素全般に反応するんですね。 なんで脱毛には日焼けとかNGになっているんです。

 

日本人のお肌が色素には全部メラニンが含まれるんですけど、日本人のお肌が肌色なので、肌の自動的にちょっと焼いてしまうリスクがあるんですね。

 

なのでやけどはちょっとどうしてもつきものになるので、毎回赤味、はれ、痒み、ヒリヒリ感は絶対出るんですね。

 

人によって肌がちょっと弱い方は、アトピーの方とかもそうなんですけど、ちょっと乾燥気味の方とかは、黒ずみがちょっと残ってしまったりするんですよ。

 

レーザーと言うのは、わざと火傷を負わせて毛を焼いていくので、毎回赤み、痒みと腫れも出るんですね。

 

赤味を帯びた時点で黒ずみにちょっと移行したりしてしまうとちょっとリスクは絶対に付き物なので、黒ずみのリスクはちょっと避けられないんですけどね。

 

こういったリスクがレーザー脱毛にはあります。

 

今日は長くなったので、次回またリスク回避とかについて説明したいと思います。

 


医療レーザー脱毛のリスク回避

医療レーザー脱毛の脱毛機械はアレキサンドライトレーザーって言いました。

 

医療レーザー脱毛、アレキサンドライトレーザーのリスクとかですけど、大きなメリットもある代わりにデメリットって言うかリスクもあります。

 

一番は脱毛効果が高いんで、肌への影響かなって思います!

 

医療機関しか使えない医療レーザーなんでパワーも強いんですよね。 エステサロンの光とか家庭用脱毛器のフラッシュとかと比べると比べものにならないぐらいパワーが強いんです。

 

肌の負担が心配なんですが、担当者とレーザーの出力の強さ調整をしながら続けていくと良いと思います。 リスク回避が出来ると思います。

 

あとは冷却ですね。 終わった後にしっかり冷やす事が出来るし、アイスノンとかで冷やしたりできるんで、赤みとか痒み、腫れとか最小限度に抑える事が出来ると思います。

 

アレキサンドライトレーザーにはパワーの出力を何段階にも調整出来ますからね♪