ミュゼ 銀座カラー

毛周期について

毛周期について紹介しておきます。

 

体毛には毛周期って言われる、生まれ変わりのサイクル、周期があります。

 

休止期、退行期、成長期と言うサイクルを繰り返して、新しい毛が生えては抜けて、また生えてって言う風になっています。

 

休止期・・・毛穴が休んでいて毛が生えていない時期を休止期って言います。

 

成長期(前期)・・・体毛が成長して毛が伸びている時期を成長期といいます。

 

成長期(後期)・・・成長期は前期と後期の2種類あります。

 

退行期・・・毛の成長が休みに入り体毛が抜けるまでの時期を退行期って言います。

 

 

毛周期の反応

脱毛のレーザーとか光って黒い点に反応するんで、休止期とかの毛穴には反応しません。

 

毛穴の黒い毛が残っていないとダメなんで、休止期とか退行期ってあんまり反応が薄いと思います。

 

退行期でも毛が残っていると効果あるかも知れませんし、体毛gあ毛穴から離れかかっていたりして発毛組織に効果が届かないで限定的な効果になります。

 

成長期前期でも黒い色が薄かったリ、毛根が小さかったリすると脱毛効果は限定的になって薄れてしまいます。

 

一番のピンポイントは成長期(後期)になります。 太くて濃い体毛には反応が良くなるんで、特に医療レーザー脱毛は太く濃い体毛ほど効果を感じやすいと思います。

 

1回の脱毛効果は全体の10%から多くても20%程度って言われています。

成長期の後期に効果あり

脱毛効果OK

体毛には様々な時期の毛穴があって、脱毛した時には成長期後期を中心に脱毛されます。(成長期後期、成長期前期、退行期の一部)

 

休止期とか成長期前期、退行期の毛穴からは新しい毛が生えてきます。 大体1から2ヵ月ぐらいで元の毛の状態にまで戻ってしまいます。

 

でまた脱毛すると、成長期後期の毛を中心に脱毛されて生きます。

 

脱毛開始した直後とかはなかなか毛が減らないんですが、人間の見た目で減ったなって感じる事が出来る様になるのは、3回目以降くらいからになります。

 

3回の脱毛期間って言うと3ヵ月から半年ぐらいかかるんで、終わりの時期を考えながら脱毛するといいかも知れませんね。

 

4回目以降からは効果も挙がってくるって感じになってくるので、脱毛のパワーを上げて、太い体毛が減ったら、威力上げて産毛とかまで脱毛していきたいところですね。

 

休止期でずっと眠ったままとか半年から1年半ぐらい寝ている休止期の毛穴もあるんで、1年から2年ぐらいをかけてすべての毛の脱毛を行っていきたいですね。

 

脱毛してほとんど毛が無くなっても、しばらくするとポツポツって数本生えてくる毛がこの休止期で得ずっと眠っている毛穴になるんです。